twitterの青いチェックボタンを取得する意味とWebマーケターに必須な認証済みバッジの取得方法

どうも、蓮見晋平です。

twitterを駆使するWebマーケターに欠かせないのが、アカウント名の隣にある青いチェックボタンの認証済みバッジです。
認証済みバッジとは、そのアカウントが本物であることを表わしています。

なぜ認証済みバッジで本物であるのか表わす必要があるのかというと、twitterにはなりすましが多いからです。
企業や著名人になりすましたアカウントは、デマや誤情報を平気で垂れ流します。

その結果、流された誤情報を本物だと信じ込む人も多く、企業や著名人の評判にも悪影響を及ぼすことがあります。
そんななりすましによる被害を防止できるのが、twitterの認証済みバッジです。

twitterが本物であると認める青いチェックボタンをアカウント名の隣に掲げることで、なりすましの被害を防ぐことができます。

Webマーケターにとって、今や必須となっているのです。
認証済みバッジは、twitterのページから誰でも申請が可能です。

電話番号やメールアドレスに加えて、申請時には認証済みバッジを取得する理由、活動分野などを記入する必要があります。
申請してtwitterに認められれば、Webマーケターに必須の認証済みバッジを取得することができます。