Webサービスを手がけるGoogleが開発したSpacesという名のアプリ

大手検索エンジンのGoogleが手がけているSNSと言えばGoogle+が有名ですが、実はSpacesというサービスも開始していました。
先駆けとしてローンチされていたGoogle+と似たり寄ったりな様相のWebサービスになってしまうのではないかと心配されていたのですが、Spacesはトピック毎で纏められている情報をグループで共有するための新しいSNSという位置付けです。
アプリを使用してGoogle検索を行った結果を投稿できたり、スマートフォンの中に保存されている写真データなどを投稿することも可能なのです。
しかも、コメント欄に関しては近年流行しているスタンプも使う事ができるため、より一層気持ちを正しく伝えられるようになっています。
SpacesのアプリはiPhone用のiOSとAndroidの両方で使う事ができ、グーグルのアカウントを所持していると誰もが使用可能になります。
使い方は至って簡単で、使用者はSpacesにトピックというものを立て、情報を共に楽しみたい相手をFacebookやメールを介して招待します。
すると、相手には招待された旨が届くので、Spacesを活用して新しい体験をすることが可能になるのです。